軽自動車税と税金制度の内容

「軽自動車税」は、毎年4月1日現在での自動車の所有者に対し、その自動車の主たる

定置場(住所)がある市町村から課せられる税金のことをいいます。ただし、

ローン購入のような場合については、買主である使用者のほうに課せられることとなり

ます。犬01

この税金の対象となるのは、主には総排気量660cc以下の軽自動車ですが、オートバイや

スクーター、トラクター、フォークリフトなどの一部も含まれています。

この税金の金額は、車種や業務用・自家用の別などによって違いがあり、あらかじめ

標準税額が国から示されているものの、最終的には市町村ごとに条例で金額を定めること

となっているため、市町村によっても金額の格差がある場合があります。

また、いわゆる「エコカー減税」として、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、

クリーンディーゼル車、天然ガス自動車、燃料電池自動車といった次世代自動車について

は、税金の金額を75パーセント軽減する制度があるほか、それ以外のハイブリッド

自動車などについても、一定の排気ガス性能を満たすものについては、50パーセントない

し75パーセントの軽減が認められています。

この税金については、毎年5月ごろに市町村の税務課などから「納付通知書」という書面

が郵便で届きますので、期限までに役場や郵便局、銀行などの窓口で支払います。市町村

によってはコンビニ収納に対応している場合もあります。納付すると日付印つきの

「納税証明書」をもらえますので、車検に備えて保管しておく必要があります。

コメントを受け付けておりません。